ひろゆき嫁・西村ゆかの難病はシェーグレン症候群!どんな病気?治療は?

掲示板「2ちゃんねる」の創業者である西村博之こと、ひろゆきさん。

ひろゆきさんの妻、西村ゆかさんが自身のTwitterで、指定難病「シェーグレン症候群」であることを告白しました。

こちらでは、「シェーグレン症候群」について、どんな病気なのか治療法や原因などについて調査しましたので紹介します。

目次

ひろゆき嫁(西村ゆか)の難病はシェーグレン症候群!

2022年9月4日、ひろゆきさんの嫁である西村ゆかさんが、自身のTwitterで「シェーグレン症候群」という難病を患っていることを明かしました

3年前の2019年から、西村ゆかさんは「シェーグレン症候群」と闘病されているようです。

ひろゆきさんは、2022年7月22日に自身のYouTubeで、嫁・西村ゆかさんが難病指定の病気を患っていることを公表していました。

しかし、その際、ひろゆきさんは詳しい病気のことについては明らかにしていませんでした。

難病シェーグレン症候群とはどんな病気?

難病「シェーグレン症候群」とはあまり耳にすることもなく、馴染みがないですよね。

いったい、「指定難病53」に登録されている「シェーグレン症候群」とはどんな病気なのでしょうか?

シェーグレン症候群とは?

【シェーグレン症候群とは?】
免疫のバランスが崩れることによって涙や唾液を産生する涙腺・唾液腺などの臓器を攻撃し、眼乾燥(ドライアイ)や口腔乾燥(ドライマウス)を主にきたす病気のこと

メディカルノートより

また、目や口の乾燥以外にも前身の臓器や皮膚にも病変が現れることもあるそうです。

特徴として、50代の中年以降の女性が発症しやすいということがあります。

ひろゆきの嫁、西村ゆかさんは現在、44歳ですので、発症したのは41歳のとき。

40歳代の前半で発症したということは、平均的な発症年齢より、早く発症したということになりますね。

また、過去には和田アキ子さんや菊池桃子さんもシェーグレン症候群を患っていることを公表しています。

シェーグレン症候群の原因は?

【原因は?】

どのような原因で免疫の力が過剰にはたらいて涙腺や唾液腺を攻撃するのかはっきりとは分かっていません。

メディカルノートより

現時点では、原因不明で特効薬もないそうです。

また、どうやら、遺伝との関連も指摘されているとのデータもあるようです。

女性ホルモンや、たばこなどの環境要因もあり、様々な要因が重なり合って発症するものと考えられているようです。

シェーグレン症候群の治療法は?

【治療法は?】
シェーグレン症候群を根本的に治す方法は、現時点では解明されていません。

のため治療は、目の乾きに対しては目薬、口の渇きに対しては、食後や就寝前の歯磨き、口腔衛生の指導、人工唾液の定期的な噴霧などそれぞれの症状を改善するための対症療法が行われます。

全身にさまざまな症状が現れた場合は、それぞれの症状に合った治療が進められていきます。

メディカルノートより

シェーグレン症候群を根本的に治す治療方法は現時点では見つかっていないようです。

そのため、それぞれの症状に対症療法で、対応していくしかないそうです。

ひろゆきの嫁・西村ゆかさんは、今のところそんなに症状はひどくないとのことですが、全身の痺れや倦怠感が強くなることがあると公表しています。

少しでも、うまく対症療法を用い、体調が復活するといいですね。

ひろゆき嫁(西村ゆか)は他にも病気に苦しんでいた!

ひろゆきの嫁・西村ゆかさんが患っている自己免疫疾患「シェーグレン症候群」について紹介してきました。

しかし、西村ゆかさんは、シェーグレン症候群以外にも病気に苦しんでいるようでなのです。

その病気がこちら。

  1. 坐骨神経痛
  2. 眩暈症
  3. 帯状疱疹

このように、症状が色々あり、大変そうですね。

坐骨神経痛は違うと思いますが、眩暈や帯状疱疹は、もしかしたら西村ゆかさんが患っている「シェーグレン症候群」によるものかもしれませんね。

帯状疱疹は免疫力が低下すると発症すると言われています。


ひろゆきの嫁・西村ゆかさんが患っている「シェーグレン症候群」について紹介してきました。

体調にはくれぐれもご自愛していただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる